生きてる絵。

大西甲二回顧展
「わが内なる神秘のスペイン : グノーシスを描く大西甲二」
f0115311_22430431.jpg

いろいろなものに触れ、インプットの多かった4月。
その4月最後の日は極めつけでした。
ドラマー大西英雄さんのお父上の絵を見に、銀座へ。

豪快で繊細。迫り来る、引き込まれる。
静と動、光と影、生命のレンジがそこに。
絵が生きてる。圧巻でした。

絵の具に、かの人の 血が 汗が 命が
思いっきり混じっている。溢れんばかりに。

f0115311_22445567.jpg

そしてアオが強く印象に残りました。強い、深い、アオ。
「青」って書くのは足りない感じでして。アオ。

もう亡くなられているのですが
大西甲二さんにお会いできたような、
話しかけられてるような、お話したような、感覚でした。

f0115311_22455239.jpg

絵を通して、私と、かの人は
エネルギーの交換をしたのです。
命のやりとりだと思うのです、芸術は。
そして、せいめそのもの。

人間って凄いですね。
f0115311_22442693.jpg

そして、、、やっぱり、、、大西甲二さんの絵は、、、
英雄さんに似てるなあ(o^^o)

また英雄さんとも一緒に音を出したいな♫
そう、命のやりとりを。ぞんぶんに。


さあて。
この4月、いろんなものからもらったエネルギー
あますことなく、ドカンと放出するぞー!!
5月へGO!!!
★KINAKO★

by kinako6969 | 2017-04-30 22:28