【邦楽キナコ録 19】お打ち初め!

仙波会 邦楽お稽古。
お、う、ち、ぞ、め。

f0115311_21244334.jpg

仙波師匠、仙波会の皆様、今年もよろしくお願い致します。

それぞれのお打ち初め(o^^o) 
芸者のおねえさま方は「すえひろ」をされてました。
すえひろ、、末広、、、末広がりの末広かな?
スタスタスッぽん。鼓の音って、いいですねえ。ぽーん。

f0115311_21245940.jpg


さて、今日からキナコは「寿獅子」のお稽古に突入です!
ことぶきじし と読みます。

獅子とは獅子舞の獅子です。
その獅子舞の中でも、お正月や開店祝いなどで
縁起の良い御祝儀舞いとして目にする機会が多いのが、
江戸で生まれた「寿獅子 」だそうです。

f0115311_21270554.png

お正月から寿獅子のお稽古を開始出来るとは、
なんともおめでたい感じ(o^^o)  

昨年まで教わっていた「江戸祭囃子」の時は
締め太鼓を天天テレツク、打っていたのですが
「寿獅子」の打つ際は、太鼓がひとつ増えまして、
スッ(トン)ス(トトン)といった具合に
1人で2つの太鼓を打つのです( 右のやつが トンの役 )

f0115311_21253161.png

観て楽し、聴いて楽し、の華やかなカッチョイイ曲ですが、
打つのは難しそう、、、と思ってました。
が。音色が色が2色になるからか分かりやすく
思っていたよりすんなり体に入ってきてワア楽し、、、
とか調子に乗り出したら、アララ もつれる手と頭。


「集中力がない」とピシャリ。ハイ。


畳の上で仙波師匠の前で太鼓を打つこの感じ、
やはり身が引き締まり、心がスッと落ち着きます。
もう2018年は始っているのです。シャキッとせにゃ。

f0115311_21262218.jpg


★KINAKO★

by kinako6969 | 2018-01-08 21:14