津軽三味線と薩摩琵琶。

昨日も服がベットリ肌に絡み付く鬱陶しい気候でしたが
音楽で「涼」をとってきました。


誰のライブかというと
津軽三味線奏写はなわちえさん。
f0115311_14183387.jpg

まず、この人。



むっちゃ可愛いな!!!!!!!!!

色白で細くて、可憐!!


はー、見てるだけで癒されるねーと思ってたら



!!



空間を真っ二つに裂くような第一音。


頭の後ろが痺れました。

三味線のバチで斬りつけられたかと思った。

そこから彼女は顔色一つ変えず汗一つかかず(そういう涼しげなイメージw)、
しかしアツイ!魂を持った荒波が岩を砕くかのような、圧倒的な攻撃力!!


鬼気迫る怒涛の三味線。


「津軽じょんがら」「脱兎」が特にたまらんかったっす。
三味線での「スペイン」も聴けるなんて、もう、もう!(笑)
たまに見せる笑顔にも、まんまとKOされました(笑)

しかも喋るとおもしろいんだ、ちえちゃん。
可愛い、凄い、おもろい。
三種の神器。最強じゃないでしょうかw




2ステージ目。
大きな琵琶を持って登場した、薩摩琵琶奏者の友吉鶴心さん。
f0115311_14183490.jpg

び、琵琶ってどんなんなんかな。
ドキドキドキドキ…

「私の演奏は絵に例えるなら、墨絵だと思っていただければ。」
そう言って始まった「那須誉一抄」

源平合戦において重要な、そしてとても有名な、あのシーンですね。



琵琶。


なんて、血の臭い。


背筋がゾッとした。

迫りくる、というより、
吸い寄せられる。引き込まれる。


骨まで響くような、鶴心さんの唄声と琵琶に


連れていかれる。


命のやり取りをしていた、血塗られた時代に。


…きっと空は青くなかったんやろうな。
低く重い雲が、空を覆ってたんやろうな。
そう、まさしく曇天で。
肌を突き刺す冷たい風は、だんだんと強くなり
鈍色の海は波立って小船は揺れて
矢の行方を息を殺して見守る源平。

喉がゴクリと鳴る。

キリキリに切り詰めた緊張の極み。


放たれる誉一の矢。



自分の心臓を、ドスッと射ぬかれたかと思いました。

はあああ、汗かいたー!冷や汗ね!!(笑)
もうとにかく情景や感情の描写が物凄くて
演奏中は、まるでタイムスリップしてその現場におるかのよう。

お話も、人を引き込む力が強くて、すんごい面白かったです。
琵琶の歴史や、日本の歴史、超前のめりで聞いたわ!


こんな歴史の授業あったら、絶っっっ対おもしろい!!!



ライブ終了後、
お二人とも、大事な三味線や琵琶を弾かせてくださって、マンツーマンで教えてくれて(あああ幸せ)
お話もいっぱいさせてもらいました!
f0115311_14183436.jpg


鶴心さんには、唄が上手くなる秘訣も教えてもらったよ!!!
エッ!って驚きの発声法だった。
少なくとも今まで誰かの口から聞いたことのない歌い方。


う、うわ……

物凄いラッキーやんな、私。

「いい声を持ってる」って褒められた!わーい!わーい!!
師匠と呼びたい人にまた出会えました。感謝!

DVD買ったので8月実家に帰ったら、おばあちゃんと一緒に観たいです!
f0115311_14183424.jpg



津軽三味線と薩摩琵琶。
涼しいを通り越して
肝が冷えるほどの夜を
本当に素晴らしい演奏を、ありがとうございました(^0^)/

さあ、次は私の出番じゃ!!
8/1、渋谷7efで待ってます!
☆キナコ☆

by kinako6969 | 2011-07-28 14:18