第一高等学院「教室ライブ」全国ツアー 5ー18

さあ、2012年も始まりました!
私が高卒認定(旧:大検)をとるまでお世話になった母校、第一高等学院での

教室ライブツアー!

今年はどんな生徒達に会えるんやろう?
ワクワクです。気合い入るわー!!

f0115311_18351925.jpg



さて今年の教室ライブ、歌い始めは静岡から。


今日のテーマは
「ピンチはチャンスだ!〜高認で未来を切り開け〜」
高卒認定のことを中心に 教室ライブ原点に戻った構成。
とことん とことん 生徒と語り合う日となりました。

では今日のライブレポです。
     ↓


なんとたった3ヶ月で見事に高認をパスした直希くんと、
ダンス大好きはつらつガール、友梨ちゃん
この二人が司会をつとめてくれて、教室ライブ@静岡 スタート!!

まずは私へのサプライズ(!)として
友梨ちゃんがリーダーで結成したダンスチーム「WHS48」のみんなが
約1ヶ月間練習してくれたダンスを披露してくれました♪
すごく独創的でおもしろかった! 誰が振り付け考えたのかな。。。すごいなあ^^
なにより、なんて楽しそうに踊るんだ!この子たち!!! ^^

f0115311_18373287.jpg


私も歌でお返しを。じつは私からもサプライズがありましてw
先日、淡路島でつくった新曲、キナコ初の卒業ソングを披露しました♪
これから、きっといろんな場所で歌って行くであろうこの曲
今日が記念すべき初披露となりました。

なので、せっかくなので 静岡校のみんなに
この曲の題名を考えてもらうことにしました!

「明るく、バイバイって歌っているのが、悲しくなくて、すごくいいと思った。」

みんなで大合唱してるイメージでつくったサビの「バイバイ」のフレーズが
やっぱり印象に残った子が多かったみたいで「バイバイ」はやっぱデフォルトでしょう、とw

それと
「宝物って言葉がグッときた。」
「ノートに書いた落書きとか、身の回りにあるものがいろいろ出てくるのが共感できた。」

という感想からもヒントいただき
題名、次のように決定しました。


「バイバイ 〜チャイムの音 渡り廊下 追いかけたボール ノートに書いた落書き〜



うん! しっくり!

決定。です!

名付け親の静岡校のみんな、ありがとう♪


f0115311_18385880.jpg

パネルディスカッションでは、司会の直希くんが出す質問に
みんなが自分の気持ちや考えを書いて発表してもらうというもの。もちろん私も。
最初の方ははずかしがっていた子達も、質問が進むにつれ、
自分の気持ちをしっかり話してくれました。
自分の気持ちが言えるって、すごいよね、そして嬉しい事なのです。
だって、
くちを開く=心を開く
ことだと、私は思うから。

前の学校でのつらかった体験談や、
逆に、第一高等に来てから学校が楽しくて、、、って
話しながら声がつまり涙がこぼれてしまう子達もいた。

笑えるようになった
人と話せるようになった
受け入れてもらえたことが嬉しかった
やりたいことができた、そしてやってみようって思えた
一人でダンスするより、みんなでダンスする方がずっと楽しいってわかった


楽しい 楽しい 楽しい 

楽しいって言葉がいっぱい出てきたね、今日。
それがとてもこころに残りました。

ワクワクする、って。気持ちがちゃんと未来にむかっている。
そう話す生徒達が、今までどんなにツライ思いしてきたのか
そして、だからこそ、今「楽しい」ってことをどれだけ幸せにおもっているのか
私、やっぱり痛い程、わかっちゃうんだ。

だって、私もそうやったから。
「学校が楽しい」って 「学校が好きだ」って 「いま、幸せだ」って
言える事がどれだけ自分にとって大切か、ずっとほしかったものか、知ってる。

ひとりひとりの話ききながら、受け答えしながら、何度も泣きそうになった。
うん、でも私はKINAKOの時は、泣かんけどね(笑)
校長の青山先生は、もう泣いとったけどね(笑)

嬉し泣き。
こどもに関わる、、いや、人に関わる仕事って
嬉しくて涙が出る、という事が、きっと多いですよね。
このこみ上げてくるものは何なんだろう
生徒のがんばってる姿や、楽しそうな笑顔、目に光が宿った瞬間を目撃した時
なんでこんなに心がいっぱいになるんやろう



そして最後は、みんなで第一高等学院テーマソング「虹歌〜こうか〜」を歌おう!
ということで、サビの部分をパート分けして、練習!
最初は声が小さかったけど、教えれば教えるほど、どんどん声も大きくなっていき
だんだん元気なハーモニーになっていく。
私も予定より白熱してしまって気がついたら会場をお借りできる時間のタイムリミットに。

ああ、うずうずする。
ワンマンライブの時のキナコーラス部の時のように、皆、きっと、もっと歌える!
あの時の生徒達の成長、喜び、笑顔と歌声!
あの時に分かち合った感動を、また味わいたい!


もっと、もっと、一緒にいたい
もっと、もっと、一緒に歌いたい
もっと、もっと、一緒に楽しいことをしたい!


最後、虹歌をみんなで歌いながら、心からそう思いました。

f0115311_18382721.jpg



来期からは静岡校の生徒会長になる、リョウスケが閉会のスピーチを。
これがまた、泣きそうになった。

「僕は今日このイベントに参加できてとても良かった、楽しかった!
 今日のようにみんなで一緒に楽しい思い出をもっといっぱい作っていきたい。
 僕は前の学校でツライ想いをしてきたし、第一に入学してくる生徒は、
 そういう、人よりツライ想いしてきた日とが多いと思います。
 だけど、そんな僕達だからこそ、キナコさんの言うように
 きっと出来る事がある!生み出せるワクワクや楽しさが、きっとある!
 みんなが、学校楽しい!!って笑い合える学校に、静岡校にしたいです。
 だから生徒会長として僕はがんばるので、みなさん よろしくお願いします!!」


リョウスケ、お日様みたいな子。
ヤンチャもしてきたんやろうけど、あたたかい明るさと優しさが、パァーーと溢れ出ている。
きっと素敵な生徒会長になるね、彼はやるよ! 楽しみだね、静岡校^^

ほんとうに
素晴らしい子たちばっかり。。。。

逆か。

こどもは、みんな 素晴らしいんです。

いろんな性格の子達がいて、それは個性。
誰が普通で、どれが正解なんて、そんなのないんだよ。
「道を外れる」「ドロップアウト」
第一高等学院には、世間でそう言われてきた子が多い。特に高認コースには。

だけど外れた道って、誰がつくった誰の道ですか?
この言葉、昔からきらい。だって道って自分がつくるものでしょ?

道は一人に一本ずつ、神様からもらったプレゼント。 
命や個性、才能と一緒。自分のもの。

歩く方向もスピードも、一人一人ちがっていいと思います。
迷ったり、立ち止まったり、たまには引き返したリしても
自分の道は逃げていったりしない。ずっと自分の足の下にあるから
ワクワクしながら、心のままに、自分の道をつくっていってほしいです。


そしてどんどん


ぶっ転んでくださいw


思いっきり、生きよっ♪♪ 
その方が楽しい おもろい
転んだ人間は、強いよ!!!!!!



ピンチはチャンス!雨のあとには大きな虹!
今年も教室ライブツアーがんばるぞーって
このお仕事は、もう私のライフワークの一つなんだなって
私、この仕事がやっぱり大好きで大切なんだな、って
生徒たちが見せる小さな奇跡が 改めて私に教えてくれました。

ありがとう^^

f0115311_1834195.jpg


さあ、次は来月富山ぁぁぁぁ!!!!

☆KINAKO☆

by kinako6969 | 2012-02-18 20:54