日本語ロックな夜。

ああ長い。今日の日記も長くなってしまいました。
今年の目標は「日記を簡潔に書く」なんですが。
まあ、いいや。ここはぼくのお城だから(笑)
最後までお付き合いよろしくお願いシマス m(_ _)m

f0115311_22114225.jpg


2/17 六本木 惣's Bar
【 KINAKO trio×SMALL-FIELD band 】

f0115311_00280415.png

楽しかったー!!!!!
まずは皆さん、ありがとうございました!!!

きっかけは、Wasted Time仲間の小野さんが、
ツーマンやろうと声かけてくれた事から始まりました。
それで昨年秋に、彼のホームでもある惣's Barの様子をのぞきがてら、セッションに参加しました。
お店がとってもアットホームで、でも熱気があって、
ママのごはんも美味しくって、明るく気さく人達ばかりで♫
ぜひここでツーマンを!と会場決定。

何回もメールでやりとりしながら
そして、2月17日。

f0115311_22244413.jpg

まず先行は、KINAKO trio
キナコ(vo.gt) 松本淳(drums) 工藤緑矢(bass)
昨年の5月以来の、通称「キナコ男組」トリオです。
リハスタで、久しぶりに3人で音を出した時は興奮。
ああ、やっぱり気持ちいいなー!って。確かな音。
大先輩2人の力強く、懐の深い、温度のあるグルーヴ。
「おなべ」「名もなき花」で、特にそれを感じました。
「きみへ」はあの変則的なコーラスを、淳さんが見事に歌ってくれて、めちゃめちゃ嬉しかったです。
出来たてホヤホヤの新曲もこの日完成し、
「裸足の勇者」のトリオアレンジもバッチリ出来て
本番、お披露目するの、ワクワクしてました(o^^o)
当日のサウンドチェック中〜♫
f0115311_22121971.jpg


開演時。
小野さんがこのツーマンをやりたかった理由を前説してくれたのですが。これがまた嬉しかったなあ。

キナコ男組トリオのライブを観て
シンプルでストレートな「日本語ロック」が胸にキた。
少なからず影響を受けて、今の自分のスタイルがあるから。
って。

なんか、ハッとさせられました。
「日本語ロック」って言葉に。
ああ、それだ。それだよ、キナコのロックって。
って、しっくりきた。ピントがバチッと合った感覚。感謝!

だからなのか、いつもより言葉を大事に届けれた気がします。
それはやはり伝わるようで終演後、初見の方達にも
「歌詞が共感できた」とか「久しぶりにちゃんと(歌)というものを聴いたなーって感動した」とか言ってもらえて。

f0115311_01484742.jpg
f0115311_22183174.jpg
f0115311_01040966.jpg
f0115311_01041900.jpg

( photo by wassy. Thank you! )

客席だけに意識が真っ直ぐ向いてたから、
というのもあると思いました。
立ち位置的に、演奏中2人とアイコンタクト出来ない
まさに「背中を預けた」ステージでしたが
まったく、みじんも不安はありませんでした。
そんな事、終演後に気付いたくらい集中できてた。
淳さんとロクさんにガッツリ支えてもらってたんだなあ。
のびのびと歌わせてもらって
ああもうほんま、ありがとうございますっ!!涙。

f0115311_22184430.jpg


新曲「39」は反響が大きかった!
39歳になった今の自分やから書けた曲やと思います。
視点が初めて「特に親しいわけじゃない誰か」に向いた。
だからテーマは「一期一会」なんですが、、なんだか
とってもいろんな気持ちがゴッタ煮。な曲(笑)
備忘録のような。歌詞載せちゃいます。えいっ

f0115311_22185412.jpg


うん。備忘録ですね。忘れたくないから書いた。
曲調はレゲエ+ロックです。またすぐやりたいです。

初披露生バンドでの「裸足の勇者」も喜んでもらえて、
とても嬉しかったです(*^▽^*)!ラーラーラー!!!
リオ五輪の男子体操・内村航平選手の勇姿に感動して
生まれてきた、この応援歌。
今はまさに平昌五輪の真っ最中で2/17は男子フィギュアで、
羽生結弦選手が金、宇野昌磨選手が銀と
嬉しいニュースが飛び交いましたね。おめでとうございます!
メダルとれても、とれなくても、違う国の選手も、
人ががんばってる姿は、とにかく胸が熱くなります。

惣's Barにもカラオケがあり、しかも機種JOYSOUNDなので
ぜひカラオケで「裸足の勇者」皆さんに歌って楽しんでほしいです(o^^o) ふふふ

f0115311_22195367.png




さて後攻。SMALL-FIELD band
小野 史生(Vo. Gt.) 杉下 マサヤ(Gt.)Y.Benn(Bass) 前田富博(Dr.)

f0115311_22212106.jpg

なるほど!たしかに!SFBも日本語ロックだっ!!
言葉のひとつひとつ、はっきりと聴こえて、
ルーツ含め、彼のやりたい「日本語ロック」がとても明確。
小野さんの良さが、素晴らしいバンドに支えられ
真っ直ぐに伝わってきました。

小野さんの良さ、私の思うそれは
( まず、彼の書く歌詞が好きなんだけど、それ以上に)

常に挑戦を続けているところ!
彼もまた「勇者」なんです(o^^o)

そして
音楽に対して、人に対して、人生に対して、
とっっっっっことん、誠実なところ!!!!

選曲から、アレンジから、MC、もちろんプレイ
伝えたい事をしっかりと伝えようという、熱意。
がっつり練習したんやろうな、準備したんやろうな
お客さんに楽しんでもらうため、うんと真剣に考えたんやろうな、って、見える。聴こえる。ビンビン伝わってくる。
ギターの音作りもめちゃめちゃ研究してはるなと思いました。
足元のエフェクター、踏み間違えんように大きいスイッチに付け替えてたり、工夫してたなあ。そうゆうとこも。

f0115311_22241902.jpg

一所懸命やる事。
それは大前提やし、当たり前の事なんやけど
時に人間は手を抜いちゃう。

それだけはしないように、ほんま毎回
「これが人生最後のライブかも」という気持ちで
ライブやってるけど、1回も手を抜いた事ないかと聞かれたら、決してYESとは言えないです。

しっかり準備してなかって、アチャーなライブして
来てくれたお客さんに申し訳なかったな、って事、あります。

ライブだって、一期一会やから
もう2度ともどらない一瞬やから
今、目の前にいてくれてる「誰か」とは。
もしかしたらもう2度と会えないかもしれない。

だからこそ、その時の自分なりの最高の歌と演奏を
そして、心を、届けることに全生命力を注ぎたいです。

小野さんを見てて、改めてそう思いました。

ていうか、そういう人ってわかってるから
今回、彼が「ツーマンライブやろうよ!」と言ってきてくれた時、私はとても嬉しかったし、
今日に至るまで、何度もやりとりしてる間も
熱い、いいツーマンライブになるって確信がありました。

そして、そのとおり。
熱い、いいツーマンライブになりました。

最後はキナコ呼び込んでもらって一緒に
尾崎豊さんの「COOKIE」を。会場はひとつに。
くぅぅぅ!名!!曲!!!

f0115311_22222118.jpg

来て良かったー!と言ってもらえたライブ。
やって良かったー!と思えたライブ。
そんなライブが出来て本当に良かった。



観に来て下さった皆さん、淳さんとロクさん
SMALL-FIELD bandさん、六本木惣's Barさん
皆さん、本当にありがとうございましたー(*^◯^*)!!

f0115311_22251107.jpg


そしてキナコ男組トリオ、急遽ですが
3/3(土)渋谷ルイードK2 
ひなまつりイベントへの参加が決定!!!
やったー♫ こんな近いスパンで男組トリオやるの初めて!
30分のステージです、是非遊びに来て下さい♫

f0115311_22224062.jpg

ツーマンライブシリーズも
3月、4月、一本ずつやります(*^◯^*)

f0115311_22234683.jpg
f0115311_22235749.jpg

何度も何度も自分に言い聞かす。
ライブは一期一会!

★KINAKO★

by kinako6969 | 2018-02-18 03:54