Gargoyle. 今までもこれからも。

f0115311_23580812.jpeg

書かなきゃ、、と思いつつ
書きたいことがありすぎて、うまく言葉にできなくて
でも9月のうちに。ここにちゃんと記しておこうと
やっぱり思った。

f0115311_23562490.jpeg

日本を代表する最強のジャパメタバンド
7月に31周年をむかえた「Gargoyle」
9月6日 渋谷O-EASTでのワンマンライブ「美しき時代」で
TOSHIさん(bass)KATSUJIさん(drums)KENTAROさん(gt)
の3人が脱退。KIBAさん(vo)は1人でGargoyleを続けていくことを宣言されました。


7月の周年のラストで知った時の衝撃
頭が真っ白になってほんま立ち上がれなくなった。
放心状態のまま、1人ではいたくなくて
当日も次の日も、正木さんと鈴木さんとオニイとご飯食べた。

ご飯の味なんかわかんないまま。
なに話してんのかもわかんまいまま
とにかく皆、さみしいって気持ちが半端なくて

でも、、、
あんなに真剣に生きている4人の出した結論
生半可な決意じゃない、悩みぬいて出した答え
って事だけはよくわかるから

9月までに気持ちを整理して、
ちゃんと、見届けよう。ってなった。


そして9月6日
最高に、楽しかった。
最強に、カッコよかった。
「いつも通り」の4人が最強にカッコよかった。
最強に最強に、カッコよかった。

f0115311_22552603.jpeg
f0115311_22563871.jpeg
f0115311_22581132.jpeg
f0115311_22560397.jpeg


ここからは
個人的思い出。


「キナコは、俺らがレコーディングしとる時に来たのが最初やったな。まだ元町のスタチキでやっとる時に。」
打ち上げで、TOSHIさんがふとそう言ってきた。
覚えてくれとってビックリした。

15年前、
初めて組んだオリジナルバンド、キナコZが
初めてレコーディングする事が決まり
音響の正木さんが「レコーディング前に一度、プロのレコーディングを見学しにおいで」と招待してもらい
元町のスタジオチキンジョージに行った。

傾斜のエグい長い階段を昇り、最上階のRECスタジオへ。
ゼーハーなりながら耳に飛び込んできたのは
圧倒的にド迫力で、重厚な音。瞬間で心をブチ抜かれた。

凄い。なんかすっげー、凄い!!!
うまく言えんけど凄い「本物」って思った。

これが私とGargoyleの出会いでした。

Vo. KIBAさん bass.TOSHIさん
gt. KENTAROさん drums. KATSUJIさん
私の誇り、尊敬する4人の兄貴との初対面。
兄やん達の印象は、、、

凄い。なんかすっげー、凄い!!!(2回目w)
なんかデッカイ。なんかオーラが凄い。

普段着、ノーメイクで、黙々と各作業に集中してて
だから物静かなんやけど、音と同じく
圧倒的ド迫力で、重厚な感じがした。

それでいて、なんか、すごくあったかいオーラ。

私、空気読まず、集中してるKIBAさんに話しかけて
周りはたいそうヒヤヒヤしたらしい。
同じvocalやから、真っ先にKIBAさんに歌の事聞きたくて、
質問したら、君が歌いたいように歌ったらいいと思うよ。
って真っ直ぐ目を見て言われたのを覚えてる。
信じて、思いっきり、歌ったらいいよ、って。


それから。
この15年の間、兄やん達にはほん、、、っまに
いっぱいいっぱいお世話になりました。
まさに9月のTOSHIさんとKATSUJIさんの合同誕生日イベントに出してもらったり
大晦日チキンジョージでのカウントダウンイベントにてKENTAROさんがすんごいカッコよくアレンジしてくれたキナコ楽曲で、楽器隊はなんとGargoyleというとんでもないスペシャルバンドでやらせてもらったり

f0115311_23565375.jpeg

何より、アルバムレコーディングとワンマンライブにコーラスとして参加させてもらったり。

f0115311_23573560.jpeg


20周年記念アルバム「刃〜YAIBA〜」
f0115311_23005680.jpeg

25周年記念ライブ[虹融合] at 渋谷O-EAST
f0115311_23574753.jpeg

通算1000回記念ライブ[ 1.000カーニバル ] atチッタ川崎
f0115311_23475700.jpeg
f0115311_23482240.jpeg

この3つは個人的に特に思い出深くて
この時期の曲を9/6で演奏された時は
やっぱりどうしたって泣いてしまった。



淡路島うめ丸では、一緒に過ごす機会も何度かあって
素顔の兄やん達は、ほんま気さくで、自然体で
優しくておもしろい兄ちゃん達やった。
空き時間にKENTAROさんにギター教えてもらったり
ごはんをみんなで食べたり、DOKOZOでくだらない話しながら朝まで飲んだり、そんな時間も楽しかった。
f0115311_23422948.jpeg
f0115311_23424876.jpeg
f0115311_23430501.jpeg
f0115311_23431825.jpeg

うめ丸の藤川社長の誕生日に、偶然
Gargoyle、キナコ、箭内さん、がうめ丸宿泊かぶる日があって、サプライズでお祝いした事もありました。
皆で寄せ書きして、ハピバスデー歌って、
照れ臭そうな藤川さん、照れ臭そうな兄やん達。
f0115311_23420056.jpeg

でもいざ楽器をにぎると、ガラッと変わる。
研ぎ澄まされる集中力と圧巻のプレイ。
そうゆうメリハリとかも、シビれた。尊敬した。

f0115311_23434226.jpeg
f0115311_23440173.jpeg

中でも、兄やん達をとても尊敬したのが
カウントダウンライブ直前、やはり一緒にうめ丸で合宿してて
この時はキナコの曲を演奏してもらう事になってたので
合宿1日目は、曲をさらい
合宿2日目に、ガッツリ通しリハ
という算段。KATSUJIさんはドラムセットをフルで組み
さらに録音の準備までしてくれていた。

で、いざ、始めるぞー!という瞬間に
なぜか地元のバンドさんがスタジオに入ってきた。
聞けば、スタジオ使用の予約をしていたそうで。
藤川さんのうっかりダブルブッキングである。
まだ若かった私は正直「えーー!!?怒」となった。
その横で黙々と楽器を迅速に片付ける兄やん達。
更に、地元のバンドさんに笑顔で一言
「すみません、すぐ片付けますから」

その姿に、なんてか、ガガーン!ときた。
カッコいい。と思った。人として。
わがままな自分が恥ずかしくなったし
兄やん達みたいな人になろう。って思った。
この日、感じた事は、とても心に残っている。

そんなふうに
ステージの上でも、下でも
Gargoyleから学んだことははかりしれない。
兄やん達の背中を見て、育ってきたのだ、私は。
いっぱい、いっぱい、大切なことを、教わったのだ。

f0115311_23444202.jpeg
f0115311_23445712.jpeg
f0115311_06565981.jpeg
f0115311_23451438.jpeg
f0115311_23492187.jpeg
f0115311_23453377.jpeg
f0115311_23461438.jpeg
f0115311_23462822.jpeg


今、思えば。
正木さんが、Gargoyleに会わせてくれたのは
音楽に向き合う姿勢だけじゃなくて、
人としての姿勢を、生き様を、
私達に学ばせたかったからかな。
って思ったりする。
いや、、さすがにそこまで深く考えてないか(笑)
たまたまタイミングが合っただけやろう。
でもそのたまたまを「御縁」って呼ぶんだよね。

f0115311_23521079.jpeg
f0115311_23523057.jpeg
f0115311_23531270.jpeg


今までみたいに
4人同時に会うことは出来なくても
4人のGargoyleを観ることは出来なくても
これからもずっと、私にとって、大事な
じまんの、誇りの、最強の4人の兄。

f0115311_23502636.jpeg
f0115311_23493798.jpeg
f0115311_23495629.jpeg
f0115311_23500831.jpeg

KIBAさん、TOSHIさん、KATSUJIさん、KENTAROさん
それぞれのこれからを応援していきます。
追い続けていきます、その背中を。


ありがとう、と、ひとまずお疲れ様でした、と
これからもよろしくお願いします、と、、、、
でもやっぱり今一番伝えたい気持ちは

Gargoyleに出会えて良かった。
兄やん達に出会えて良かった。
です。

新しい時代が、始まる。
僕達は、生きて行く。

f0115311_23543967.jpeg

★KINAKO★

by kinako6969 | 2018-09-30 22:36